スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長女出産譚②

先生が言うように、促進剤投与を止めると張りの間隔は遠のいていったけど、
逆にキューっとくる痛みは増してきたような気も。。。

明日リトライすることになったとはいえ、夜中に陣痛が来て産まれる可能性もあるので、
夫にはとにかく連絡だけはつく状態にしておいてもらうことだけ念押しして帰ってもらいました。

私はとりあえずまたがっつりと食べてエネルギー補給し、20時過ぎにはちょっとうとうとし始めました。
寝たり起きたりを繰り返しつつ、なんとなくお腹が痛みが増したような気がして時計を見ると23時過ぎ。

あれ、陣痛なのかな、、、?とうとうとしながら間隔を計り始める。
まだ規則的ではないような。。。
そして陣痛なのかお腹下しそうな感じか、微妙な雰囲気。

ちょっと様子を見ていると、やはりトイレに行きたくなり、行ってみるとお通じあり。
お通じがあった後はお腹の痛みも和らいで間隔も遠のいたので、やっぱりそっちの痛みだったのかなあ、と判断。

結構仮眠をとったので眠気がなくなってしまったので、持参の本を読んだりしつつ過ごしていると、
やはりまたキューっと痛みが来る。

0時頃には10分くらいの間隔に近づいてきた。
巡回してきた助産師さんにその旨伝えると、診察してくれて、
子宮口6,7cmくらいで、赤ちゃん下がってきてるし子宮口も柔らかくなってきてるから、
もしかしたら今夜中にはお産になるかも、とのこと。
いい感じよ!と言われ嬉しい反面、緊張感も高まる。

5分間隔くらいに規則的になってきたらナースコールして、とのことで、引き続き待機。

だいぶ痛みが増してきて、きつい生理痛くらいになってきた。
そうよね、陣痛ってやっぱこういうのだったよ、思い出してきた。。。
さっきの促進剤のときのはやっぱりただの張りだわ。

1時過ぎるとだいぶ5分間隔に近づいてきつくなってきたけど、まだ7分くらい開く事もあり、
連絡したものかどうか、じりじりした気分で様子を見る。

結構痛みがきつくなってきたので、これ以上待つと移動が辛くなりそうだったので、
2時頃にナースコールし、大体5分くらいになってきたことを伝えると、
荷物を持って分娩室に入ってくださいとの指示。

ああ、これで移動しちゃえばもう安心、と少しホッとしながら移動。

診察してもらうと、7cmまで開いてる。
もうこれは朝までに産まれるね、てことで3時頃夫に電話。
寝てるはずなのに2コールで出たので、夫も落ち着かずあんまり寝てなかったのかも。。

「どれくらいで無痛にできます?」と訊くと、
「今麻酔入れちゃうとせっかくの陣痛がまた遠のいてしまうかもしれないから
あと1,2時間後くらいが理想だけど、耐えられなかったら入れるし、どうする?」と言われ、
早く産んじゃいたいしまだ我慢できるのでもうちょい頑張ることに。

しかし、そうこうしているうちにどんどん痛みが強くなり、呻き声が漏れるくらいに。
3時半、夫が到着した頃には陣痛のたびにベッドの手すりを握りしめて奥歯がギリギリ言うような状態。
夫も「おいおい、そんなに痛いなら無痛にしないんかい?」と思ったみたい。

陣痛計を見ながら一回一回の陣痛をどうにか逃す。
助産師さんも私の変化を察知して、
「あれ、ちょっと痛み変わってきたよね!?」と診察。

「あ、8cmだわ。もうすぐお産になりそう!」とお産の準備開始。

4時頃から一気に痛みが下の方にズーンと来るので、赤ちゃんが下がってきてるのがわかる。
夫がテニスボールをお尻に当ててくれるけど、なんか違ーう!
逆に痛い!
助産師さんに上手な当て方をレクチャーしてもらってる間に息み感が来る。
ああーこれが前回のお産の時も一番辛かったとこだよー!と思い出す。

「あ、息みたくなってきてる!?そろそろ麻酔入れて欲しいよね?先生呼んできます!」と、
助産師さんがバタバタ出て行ってる間にも陣痛一回ごとに赤ちゃん下がってきてる感じ。
ぎゃあー!

麻酔が入った注射器を持った先生が入ってきて、背中に入れたチューブに麻酔注入。
「じわじわ効いてくると思うから」と言われるも、麻酔入れた途端破水したような感触と共に、
股の間に違和感が!

わあ、産まれそう!!
内診したら案の定子宮口全開!
ていうか二人目ってこんなにお産の進行早いの!?あまりの違いにびっくり。

一旦カーテンの奥に引っ込められてた夫が「ご主人、もう産まれるよ!」と声を掛けられ登場。

もう出産の体勢になり、ひたすら陣痛に耐える。
「傷が大きくなっちゃうからまだ息まないで耐えて!」と助産師さん。
全開なのにまだ息んじゃダメなの!?きつーい!

かの有名な「ヒッヒッフー」呼吸法をその場でレクチャーしてもらいながら
必死で逃す。
無痛だったらこんな局面は訪れないと思ってたのにい!

イギリスで無痛にしたときは麻酔は点滴で常時注入されていて
しかも産まれる6時間前から継続してたので、息む頃には完全に無痛状態だったのよね。

今回は注射器でワンショットずつ様子を見ながら麻酔を入れる方式なので、
初回注入した時点ではそこまで一気に効かないし、効いてくるまで15分くらいかかるらしい。
「どう?効いてきたんじゃない?」と訊かれるけど、かろうじて「ど、どうなんですかね?」としか答えられないくらい普通に痛い。。

先生も、「量増やせばもっと痛み抑えられるけど、その分お産が遅くなるからこのままいくよ」と言うので、
頷くばかりの私。

その間にもどんどんお産は進む。
まだ息んでないのに「もう髪の毛見えてるよー」と言われびっくり。

さあ、息んでいいよ!とお許しが。
もうここまで来たらこのままいくっきゃないー!

息みと共に先生がぐいーっとお腹を押す。
ほんとに物理的に押し出すのね。。。

とりあえずひぃひぃ言うくらいには痛いけど、パニックにならずに助産師さんの指示に従えるってことは、
多少なりとも麻酔の効果あったってことなんだろう。。。

夫も横で「もうすぐもうすぐ!」と励ましてくれる。

声出さないで!とか目開けて息んで!となどと指示されるまま数回息むうち、
「はい頭出たよー!」
短い呼吸に切り替えつつ、ちょっと息むと、「はい、肩出たー」
そして、産道をずるっと滑る感覚と共にお腹が劇的に軽くなり。

午前4時41分、「うぎゃあ」と女の子らしい(?)産声を上げて元気に長女が誕生しました!

********************

いやーなんてジェットコースターな出産。
夫が駆けつけてものの一時間。
立会い人として横で見てる分にはほんとあっという間だったんじゃなかろうか。。。

息子がほとんど産声を上げなかったので、ちょっとその産声に感動して
「かわいい産声だねえ」と早速親バカな我々夫婦。

夫がジョキジョキとへその緒カット。
そのへその緒がめちゃくちゃ太く。。。
2週間早く産まれたわりに3043gと十分な大きさだったのはこの立派なへその緒のお陰だったのかも。。。

その後、胎盤が出てさらにお腹が軽くなって感動。
いやー重たいものが入ってたもんだわ。

後で見せてもらうと、胎盤はもう若干劣化が始まっていたそうで、
早めに産んで正解だったかも、と言われました。
38週でもう劣化だなんて、、、トシのせいかしらん。。。とちょっとショック。

触らせてもらうと、新鮮な部分はプリッとしてるけど、劣化している部分はちょっとブヨブヨした感じでハリがない。
なるほどなあ、、、ほんと内臓と同じなんだな。
娘は超音波検査の時いつも胎盤にお顔くっつけてたので、これがその胎盤かあ、と感無量。
これが妊娠中ずっと赤ちゃんを守ってくれてたんだもんねーお疲れ様、て感じです。

ちなみに、今回はスピード出産にも関わらず会陰切開も裂傷もなく無傷で済んだようで、
産後の身体としてはこれだけでもかなり負担が軽いです。
産前からやってた会陰マッサージの効果と、麻酔で冷静さを保てたので助産師さんの指示に上手く従えたのが勝因かな?

翌日に持ち越さず自分の陣痛で産めたし、麻酔も本当に最小限で済んだし、超安産。
もう100点のお産じゃない?と助産師さんの評価を頂きました。
確かに思い残すことはありません。
まあ、無痛が和痛くらいだったのは想定外だったけど。

分娩後2時間は初乳をあげたりしながらそのまま分娩室で過ごしてから病室へ。
その頃には麻酔も切れてトイレも自分で行けたけど、血圧が下がってたので頭がクラクラしてしまい、
念のため車椅子で移動。

部屋に戻ったらちょうど朝食というナイスタイミング。

イギリスでもちょうど戻ったら朝食のタイミングだったけど、
薄ーいトースト2枚でショックだったのを思い出しながら、
今回は美味しくてボリュームたっぷりの和食朝ごはんを頂いて大・満・足。

お昼には息子が面会に来てご対面。
なんだかめちゃくちゃ複雑そうな反応を見せてましたが。。。
これから家族がどう変化していくか、楽しみです!

それにしても、いくら安産でもほんとお産て大変。
母には早速、そんなに安産だったらもう一人いけるんじゃない?と言われたけど、
うーーーーん。

とにかく当面は目の前の育児、頑張りますか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yuri

Author:yuri
大都市ロンドンから電車で1時間ののどかな町に、夫と2人で住んでいます。
⇒2012年8月、イギリスで長男を出産して3人家族になりました。
⇒2013年3月、夫の赴任を終え帰国しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
来訪者数
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。