スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.12.28~2013.01.02 赤ん坊連れマルタ島の旅(3日目) ~青の洞門~

3日目もいいお天気。
冬は荒天になることも多いと聞いてたけど、もうずっと春のようにぬくぬく。
日が当たるとむしろ暑いくらい。
長そでカットソー+パーカーくらいで過ごせる感じです。

この日はレンタカーでドライブがてら、マルタ島の観光スポットをぐるりと回ります。

まずは人気No.1スポット(多分・・・)の「青の洞門」へ。
海が見えてきましたー♪
R0014901.jpg

この季節は海が荒れることが多く、洞門を巡るボートツアーはやっていないことが多い、という前情報だったけど、この日はお天気が良かったお陰で催行されてました!

超並んでます。
R0014904.jpg

チケットは大人一人7ユーロ。
赤ちゃん連れでも抱っこでOKです。

20分ほど待って、ようやく出発!
R0014908.jpg

天気がいいとはいえ、結構波が高くて、10人乗りくらいの小さなボート。
馬に乗ってるのか?というくらい、かーなーり揺れます。

あらゆる乗り物に酔う体質の私、内心ドキドキでしたが・・・ん?意外に平気かも?
大型フェリーで揺れたときの、「ふわ~」とした感じよりも、
ざっぱんざっぱん激しく揺れるほうが三半規管的には楽なのかな。

というより、素晴らしい景観に大興奮で、酔ってる暇なし!という感じ。

ダイナミックな岩場の下にいくつも洞門ができている。
Malta_090.jpg

この中に入っていくと・・・
Malta_093.jpg

なんときれいな深いブルー。
Malta_095.jpg

Malta_097.jpg

水の透明度が高いので、海底がきれいに透けて見えます。
Malta_123.jpg

Malta_121.jpg

光が入ると南国の海のようにエメラルドグリーンに。
Malta_124.jpg

R0014934.jpg

波が立つと、青と緑がマーブル状に混じり合って見えてキレイ。
Malta_122.jpg
(これを見せるために、船頭さんがわざわざ船を揺らせて波を立たせてくれる・・・)

洞門の中も見ごたえあるけど、この切り立った岸壁も素晴らしい。
R0014931.jpg

アーチ上に削られた岩。
Malta_109.jpg

こんな地形になっちゃうんだから、かなりの波の力。
そりゃボートも揺れるってもんです。

空が切り取られて、ルネ・マグリットの絵画みたい。
R0014930.jpg

こんな感じで、30分くらいかけていくつか洞門を巡ってくれます。
これで7ユーロなら安い!

ひとつひとつの洞門は小さいので、せいぜいボート1艘しか入れないため、
他のボートがうじゃうじゃいて・・・という感じじゃないのがまたいい。
オススメです!!

この日のランチは洞門近くのレストラン。
観光地のレストランは外しがちなイメージでできれば避けたいけど、
次の街まで移動してたらかなり遅くなりそうなので、
とりあえず、人がいっぱい入ってるところに入ることに。
R0014965.jpg

テラス席はもういっぱいだったので、2階席に。
R0014957.jpg

注文したのは、魚のスープとイカスミのパスタ。
Malta_140.jpg

マルタ名物、ウサギを使ったペンネ。
R0014960.jpg

イカスミのパスタ、今まで食べたなかで(ってそんな食べたことないけど)一番美味しい!
てかイカスミって美味しかったんだーと初めて思いました・・・。
私も夫も口真っ黒。

ウサギも臭みがなくて、トマトソースが優しい懐かしい味。

どっちも美味しいけど・・・量が多い!
スターターサイズとメインサイズで選べるのですが、日本人にはスターターサイズで十分かも。

お腹を満たした後は、遺跡巡りにGO!

~続く~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yuri

Author:yuri
大都市ロンドンから電車で1時間ののどかな町に、夫と2人で住んでいます。
⇒2012年8月、イギリスで長男を出産して3人家族になりました。
⇒2013年3月、夫の赴任を終え帰国しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
来訪者数
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。