スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【出産レポート】子宮口が開かない・・・

どうにか陣痛を耐え忍んで20時。
ようやく内診してもらえることに。

もう床から内診台に上るだけで一仕事。
内診の結果、現時点で子宮口が8cmまで開いているという。

でも、まだ全開ではないのでいきめない・・・。
2時間後にもう一度チェックするとのこと。ひー。
でも、あと2cmと思うと、終わりが見えてきたような・・・。

陣痛の合間合間に、何度も時計をチラ見してしまい、ミッドワイフに笑われる。
だってそりゃー早く終わらせたい、この痛み!
30分がすごく長く感じる。

ちなみに、陣痛の痛みは人によってそれぞれと言うけど、
私は「お腹の中に1トンくらいの石が入ってて、それが突き破って出てきそうな感じ」でした。

いつの間にかミッドワイフが交代している。
座って見てるだけだったさっきまでのミッドワイフと違って、
今度のミッドワイフは結構親身で、陣痛で苦しんでいる私の手をさすってくれたり、
「Welldone!」と声をかけてくれたりする。
いやーこういうちょっとした優しさ、身に沁みますなあ・・・。

さて、2時間頑張って22時。
もう一度内診。

「全開してるからいきんでいいわよ!」とお許しがでる。

やった~~~!あと一息~~!
俄然やる気になる。

「陣痛が来たらいきんで!」と言われる。

いきみたい感を我慢するのが一番辛かったので、いきみはじめると陣痛の痛みもあまり感じなくなってくる。

すると、ミッドワイフが、「ちょっと待って。ドクターに子宮口の開き具合を確認してもらうわ」と言う。

イギリスの出産では、通常ミッドワイフだけで進められて、ドクターが出てくるのは”通常でないケース”の出産になる。
私は破水してなかなか陣痛が来なかったので、その”通常出ないケース”にあたり、ドクターチェックが必要のよう。

仕方なく、もう一度床に戻って、産科医が来るのを待つ。

ここまで来て待つのはつらいっ!
もういきみ感が我慢できない~~。

そしてなかなか医者が来ないんだ、これが・・・。
「エマージェンシーが入って、ちょっと遅れてるの」とのこと。
うーーーーん。。。

かなり待たされて、ようやく産科医登場。
インド系の若い女医さん。

内診すると、「まだ8cmしか開いてないわ」とのこと。
まじで~!?
2時間たって全く変わってないってこと??

ちょっと心が折れそうに。
もういったんいきみ始めただけに、このショックは大きい。

ドクターは、ミッドワイフから20時時点で8cmで、
2時間経っても変わっていないことを聞くと、

「破水して長時間経過しているうえ、子宮口が固くて時間がかかりそうなので、
 ここは無痛処置をして陣痛促進剤を入れることをお勧めするわ」

と提案。

無痛は考えてなかったけど・・・
もうここは医者の提案に任せよう、という気持ちに。

「では、それでお願いします」と承諾。

ということで、なんと、超予想外だった無痛分娩を体験することになりました。

~続く~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yuri

Author:yuri
大都市ロンドンから電車で1時間ののどかな町に、夫と2人で住んでいます。
⇒2012年8月、イギリスで長男を出産して3人家族になりました。
⇒2013年3月、夫の赴任を終え帰国しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
来訪者数
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。