スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【出産レポート】破水した翌朝、病院へ。お昼ごろ陣痛開始⇒夕方から分娩室へ・・・

まんじりともせず、翌朝は6時半に起床。

一番の心配のタネであった旦那の腹痛は小康状態を保ってるとのことで一安心。
小腹減ったとき用のおにぎりを作って、午前8時、再度病院へ。

とりあえず分娩室に通され、分娩監視装置を付けて陣痛の様子と胎児心拍をモニターする。
まだ陣痛は来てないようで、内診すると子宮口はまだ1cmしか開いていないとのこと。

もう破水してしまっているので、できるだけ早く産まないと感染の危険がある、とのことで、
子宮口を開く薬を入れられて、午前10時ごろ、一旦入院病棟に移ることに。

案内されたのは6人部屋で、恐らく私のように陣痛待ちのような妊婦さんが入っている様子。
着圧ソックス(血栓防止用?)を履くように言われ、「とにかく病院内を歩きまわれ」と指示される。

とりあえず・・・腹が減っては戦はできぬ、と病院内のカフェに行ってジャケットポテトを食べる。
(なにげにイギリスで食べる初ジャケットポテトがここだった・・・。)
意外にうまい・・・。

ちょっと歩いて正午過ぎに病棟に戻ると、ランチの時間。
さっき食べたばっかりだったけど、次いつ食べれるかわかんないし!とここでもがつがつ食べておく。

食後、まったりしてると、「もっと歩きまわれ」と言われ、再び旦那と病棟を徘徊。

次第にちょっと下腹にキューっとした痛みが来るようになってくる。
もしやこれが陣痛の始まり???
確かに・・・言われてたとおり、生理痛みたいな感じ。
なんか懐かしい感覚・・・。
お腹の張りとは確かに違う。

「陣痛来たかも」と申告すると、「痛みの長さと間隔を測って」と言われる。

歩きながら、旦那にメモってもらう。
この頃になると、痛みが来ると、ちょっと立ち止まって「きたきたーあいてててて」と耐える感じに。
でも、まあひどい生理痛、くらいでまだ我慢できる・・・かな?

痛みの長さはまだ1分に満たないけど、不規則ながら間隔が2~3分ごとになってきたので、
再び病棟に戻って「こんな感じ」とメモを見せると、「じゃあそろそろ分娩室に移動しましょう」ということに。

イギリスでは、いわゆる「陣痛室」というものはなく、分娩室のみ。
なので、普通は陣痛が5分間隔になるまで病院に行けなくて、
自宅で陣痛の時間を過ごすところ、私は陣痛が始まる前から入院しているので、
早い段階で分娩室に入ることになりました。

で、分娩室に入ったのが午後4時前。
破水してからもう36時間近く経過。
内診すると、この時点でまだ子宮口3cm。
あんまり開いてない・・・。
陣痛をモニターすると、やっぱりまだ「規則的ないい陣痛」が来てないとのこと。

あまりいい状況ではない様子。。。
このまま進行が遅いようなら、無痛処置して陣痛促進剤を入れます、とのこと。

無痛は希望していないことを告げると、
「とりあえず様子をみて、順調に進行すればね。促進剤を入れるとかなり痛みが強くなるから、無痛処置することを勧めてるんだけど。」と。
あと、水中出産できないか?と聞いてみると、私の場合、破水して時間が経ってるから水中出産はできないらしい。

そうなのかー。。。ちょっと残念。イギリスならではの水中出産、体験してみたかった。
まあでも、安全に出産できることが第一。

胎児心音は元気で、赤ちゃんは問題ない様子。
あとは無事に産むだけだ~!

~続く~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yuri

Author:yuri
大都市ロンドンから電車で1時間ののどかな町に、夫と2人で住んでいます。
⇒2012年8月、イギリスで長男を出産して3人家族になりました。
⇒2013年3月、夫の赴任を終え帰国しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
来訪者数
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。